• 葬儀にかかる平均費用はどのくらいなのか

    故人を偲ぶために行う葬儀は少なからず遺族の家計の負担となるものです。できれば盛大に葬儀を行いたいけれど、懐事情が絡んでできないという家庭も多くいると思います。ここでは、葬儀にかかる平均費用に関して簡単に紹介していきます。

    まず葬儀にかかる費用として大きく3つあります。
    1つは葬儀一式の費用、次に寺院にかかる費用、そして接待飲食にかかる費用です。日本においてはこれらの合計額が全国平均で200万円程度であると言われています。

    それでは次に費用別にそれぞれの額を見ていきます。まず最も大きな費用となるのは葬儀一式の費用です。これは平均で126万円かかると言われています。遺体のお迎え、搬送、通夜、葬儀、告別式、火葬など行程が多く、携わる方の人数や場所も多いため高額な費用となります。
    次に大きくかかる費用は寺院の費用です。これは平均で51万円かかると言われています。読経料や戒名料がこれにあたります。平均額はこのようになっていますが、寺社や教会によっても額は大きく異なり、その振れ幅は大きくなります。
    接待飲食費用は招く人数によっても大きく異なりますが、平均して45万円程度となります。関西は親族のみで会食を行うことが多く、この費用は抑えられる傾向にあります。

    規模などによって最低で20万程度、最高で800万円かかるといった統計があります。近年は近親者のみで済ませる比較的小規模な葬式が一般化されつつあり額、葬儀費用は減少の傾向があるようです。