• 故人にちなんだ葬儀

    日本における葬儀は基本的に仏教の礼に従って行われています。昔から葬儀の作法は古きを重んじる部分が大きかったのですが、最近では故人の趣味や嗜好を大切にした独創的な葬儀も行われています。ここでは近年の葬儀に関して紹介していきます。

    形式にとらわれることなく、故人のその人らしさを偲ぶために行われる葬儀を自由葬と呼びます。自由葬の例を一つ出すと音楽葬があります。音楽葬はその名の通り音楽を中心として式を構成するものです。故人の好きだった楽曲を生演奏で披露したり、CDを流したりします。昔では考えられなかったような明るい葬儀を演出することができ、誰もが晴れやかな気持ちで故人を送り出すことができます。
    告別式よりも自由なスタイルで故人を偲ぶ行事としてお別れ会があります。お別れ会は通常、火葬を済ませた後に友人や知人、家族や親族を招いて行われます。葬儀は近親者のみで済ませ、その他の方にはお別れ会に招くというケースは現在においては多く見られます。

    ただし、これら新しい形の葬儀にも注意点があります。例えば音楽葬などにおいては事前に僧侶にその旨を説明しなければなりません。葬儀には多くの方が関わりを持ちますので、きちんと話を進めておかないと混乱を招く可能性があります。
    昔の習慣を大切にする心も重要ですが、現代には現代の葬儀の在り方があるのも事実です。一番大切なことは故人の好きであろう葬儀の方法を実施することではないでしょうか。