• インドネシアの葬儀方法

    インドネシアで行われている葬儀は日本がかつて行っていた葬儀と共通する部分が多く、その様式は現代においてとても貴重なものとなっています。ここではインドネシアのトラジャ族が行っている葬儀の方法について紹介していきます。

    まずトラジャ族が行っている葬儀の最大の特徴はその期間の長さです。トラジャ族の信仰によると死後の一定期間は「もがり」と呼ばれる風習があります。もがりとは死者が葬られるまでの間、復活を願って布などで覆い、棺に仮安置することを指します。日本においても仏教が普及する前までは同様な処置が行われていたとされています。トラジャ族は故人をまだ病人として扱っており、家族と一定期間同じ家で暮らすのが風習となっています。その期間は短くて3ヶ月、長くなると3年に及ぶと言われていますます。

    もがりが終わると初めて葬儀が始まります。遺体は露台に乗せられ、高床式の穀倉の下に安置されます。露台に乗せられた遺体は神輿のように左右に揺さぶられます。これは死人が神となって冥界へ行くための奮起であるそうです。広場では哀悼の歌が歌われ、最後にトラジャ族の富の象徴である水牛を生け贄とし、その肉が参列者に振る舞われます。

    これだけ葬儀を完了させるまでに長い期間を要する国は、現在では少なくなってきています。葬送儀礼の期間が長いということはそれだけ故人への想いが強いということであり、同時に祖霊崇拝を大切にしているということでもあります。