• 簡素に済ませる葬儀

    核家族化が進む日本の社会において、葬儀の在り方も昔と比較すると変わりつつあります。多くの方が参列する葬儀よりも簡素な葬儀で済ませるケースも多くなってきており、また葬儀屋の提供するプランも核家族に対応したものが多くなってきています。今回は葬儀の種類の中でもより簡素な葬儀の方法について紹介します。

    簡素な葬儀の方法に一日葬、直葬があります。
    まず一日葬とはその名の通り、葬儀の全行程を一日で完了させるというものです。通常はお通夜と葬式の両方を行うため、どうしても2日はかかってしまいます。一日葬はこの中でも通夜を省略し、葬式、告別式のみを執り行うものです。通夜での弔問などが無くなるため、遺族にとっては故人とゆっくりお別れの時間を過ごすことができるというメリットがあります。
    直葬は最も簡素な葬儀の方法で、通夜、葬式、告別式などは一切行わず、火葬のみを行うというものです。厳密には火葬のみを行うため、葬儀とは言えません。葬儀を行わない為、費用面に関してはかなり安く抑えることができます。

    もちろん葬儀費用などを安く済ませることは、遺族の負担を考慮すれば当然のことであると思います。しかし、料金だけに固執してしまうと後々になって後悔する可能性もあります。葬儀というのは故人を偲ぶために行われるものです。どんな形であれ、遺族にとっては最後の別れの場となる訳ですから、できるかぎりきちんとした形で送り出してあげたいものです。