• 葬儀の種類と特性

    葬儀と一言で言っても、その種類はたくさんあり、葬儀の種類によっても値段は全然違います。ここでは葬儀の種類に関して簡単に紹介していきます。

    まず葬儀を大きく区別すると、近親者のみで行うものと、知人、友人などと共に行うものの2つに分けることができます。
    まず、近親者のみで行う葬儀には家族葬と密葬があります。前者の家族葬は本来家族のみ行うという意味合いですが、親戚や親しい方を含めた少人数での葬儀と広義ではとらえることができます。葬儀社によって規模の解釈は異なりますが、おおむね20人~30人程度で行われる葬儀です。密葬は現代の家族葬に近い意味合いを持っており、家族のみのごく少人数で行われる葬儀のことを指します。
    一方、大勢の人に囲まれて行われる葬儀には一般葬儀、社葬があります。一般葬は従来より行われている最も一般的な葬儀となります。家族葬よりも値段が高いという印象があるかもしれませんが、場合によっては家族葬よりも安く済む可能性があります。社葬は経営者や会社のオーナーが逝去した場合や、会社の重要役員が亡くなった場合に執り行われる葬儀です。会社への貢献に対する感謝の気持ちを葬儀によって伝えるとともに、事業継承者の認知を社会に広めるために行われることが多くなります。

    この他にもたくさんの葬儀がありますが、上記に示す葬儀は一般的に執り行われるものとなっています。それぞれ料金はかなり異なってきますので、事前に葬儀屋さんに聞いておくと良いと思います。